東日本部落解放研究所

第10回差別論研究会(7/17)は、岡和田晃さん(文芸評論家・ライター)マーク・ウィンチェスターさん(神田外語大学日本研究所専任講師)「『アイヌ民族否定論に抗する』の発刊とその後の展開について」 [ 2015-07-09 ]

カテゴリ:予告情報

第10回差別論研究会/東日本部落解放研究所プロジェクト

報告テーマ
『アイヌ民族否定論に抗する』の発刊とその後の展開について
報告者
岡和田晃さん(文芸評論家・ライター)
マーク・ウィンチェスターさん(神田外語大学日本研究所専任講師)
日時

7月17日(金) PM6—9

会場

東上野区民館・201集会室

(地図はチラシ参照

定員

36名(先着順)

申込

メールにて、東日本部落解放研究所へ

higashiken@chime.ocn.ne.jp

報告の趣旨

ネットを中心に吹聴されるアイヌ民族否定論。その圧倒的多数は、アイヌが不当な「利権」を享受するために民族を名乗っているかのようなデマによって、少数者を排斥するヘイトスピーチ(差別煽動表現)です。対抗策として、作家や研究者ら24人が寄稿した『アイヌ民族否定論に抗する』(河出書房新社)を今年1月、緊急刊行しました。今回の報告では、同書の内容と刊行後に寄せられた反響を確認しつつ、状況の変化についても考えます。

報告者プロフィール

岡和田晃(オカワダ アキラ/文芸評論家・ライター):1981年、北海道生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、筑波大学大学院一貫制博士課程在学中。日本SF作家クラブ会員。文芸評論家・ライター。著書に『アゲインスト・ジェノサイド』、『「世界内戦」とわずかな希望』、『向井豊昭の闘争』。編著に『向井豊昭傑作集』、『北の想像力』(第35回日本SF大賞最終候補作)、『アイヌ民族否定論に抗する』。

マーク・ウィンチェスター(ウィンチェスター・マーク/神田外語大学日本研究所専任講師):1979年、イギリス生まれ。シェフィールド大学School of East Asian Studies卒業、一橋大学社会学研究科地球社会研究専攻博士後期課程修了。現在、神田外語大学日本研究所専任講師。共著に『移動という経験』。編著に『アイヌ民族否定論に抗する』。博士論文に「近現代アイヌ思想史研究」。「現代思想」、「Japan Forum」等に寄稿。

*詳しくはPDF「第10回研究会のお知らせ」をご覧ください。第1期プログラムは第2ページに掲載。



サイトメニュー

記事を検索

スペース区切りで複数キーワードからAND検索できます。

刊行雑誌収録の論文については、執筆者名・タイトルなどから検索できます。

〒1110024 東京都台東区今戸2丁目8-5 Tel. 03-5603-1863 Fax. 03-5603-1862© 2010-2022 東日本部落解放研究所