東日本部落解放研究所

【お詫びと訂正】訂正版『東日本部落解放研究所ニュース』第94号の掲載 [ 2019-01-25 ]

カテゴリ:報告情報

2019年1月18日刊行の『東日本部落解放研究所ニュース』第94号につきましては、校正ミスがあり、お詫び申し上げます。

なお、訂正箇所は以下のとおりです。

会員・賛助会員等のみささまには、「お詫びと訂正」のお知らせを郵送いたします。

【出版物サイト】に、訂正版『東日本部落解放研究所ニュース』第94号のPDFを掲載しましたので、ご覧ください。

なお、「お詫びと訂正」のお知らせは下記のとおりです(Webサイト用に体裁のみ変更しています)。

つつしんでお詫び申し上げます。

***お詫び文と訂正:ここから***

『東日本部落解放研究所ニュース』第94号にかかわるお詫びと訂正/東日本部落解放研究所

2019年1月18日刊行の『東日本部落解放研究所ニュース』第94号につきましては、すでにお手元に届いているかと存じます。同ニュースは、編集原稿案を関係者に校正していただき、最終ニュース原稿に反映して刊行したものですが、編集部のミスにより、校正の一部を反映し損なってしまいました。関係者ならびに読者のみなさまに深くお詫びしますとともに、訂正箇所をお知らせします。

9P「1.はじめに-研究史と本報告の課題」の本文4行目
×198年代
○1980年代
9P「2.青和会の概要」の本文2行目
×地方改善員
○地方改善委員
10P「4.中村無外の社会認識」の本文7行目
×西国三十三箇所零場
○西国三十三箇所霊場
11P《大高報告への質疑》の本文8行目
×有島一郎
○有島武郎
13P「(3)被差別部落とのかかわり」の本文7行目
×「子爵の令嬢と部落の女の子ど同席すること」
○「子爵の令嬢と部落の女の子と同席すること」
13P「(1)村全体を含めた教育の充実」の本文1行目
×日記
○「日記」
13P「(1)村全体を含めた教育の充実」の本文9行目
×自彊会婦人会
○自彊会・婦人会
14P《真辺報告への質疑》の本文12行目
×ちなみに、1945年に、長島は、日記に自らが就任した女子修養会会長など22の
○ちなみに、長島は、1940年9月9日の「日記」に自らが就任した女子修養会会長など21の
14P《真辺報告への質疑》の本文18行目
×1980年代に出された更生保護の記録には
○1999年に出された『神奈川県厚生保護のあゆみ』には
16P 上から4行目
×「生命主義にある
○「生命主義」にある
16P 上から10行目
×オルタネティブ
○オルタナティブ
17P 上から2行目
×六浦の古老に聞くと、長島重三郎だけが自分たちをかばってくれた、足を向けて眠れないと言っている。
○以前、六浦の古老に長島のことを聞いたら、長島重三郎だけが自分たちをかばってくれた、足を向けて寝られないと言っていた。

***お詫び文と訂正:ここまで***


サイトメニュー

記事を検索

スペース区切りで複数キーワードからAND検索できます。

刊行雑誌収録の論文については、執筆者名・タイトルなどから検索できます。

〒111-0024 東京都台東区今戸2丁目8-5 Tel. 03-5603-1863 Fax. 03-5603-1862© 2010-2019 東日本部落解放研究所