東日本部落解放研究所

『明日を拓く』第127号を刊行 [ 2021-03-26 ]

カテゴリ:報告情報

サイトメニューの【出版物】【明日を拓く】に目次が掲載されていますので、ご覧ください。

『明日を拓く』127号 「特集にあたって」より

『明日を拓く』では、断続的に世代継承を意識した特集を組んできた。今号では、特集1として「若者世代の部落問題認識・差別問題認識」を取り上げ、座談会を実施した。今後、さらに「若手チームが訪ねる・聞く・考える」と題して、若手チームのメンバーを募って、東日本各地の部落コミュニティやマイノリティの生活拠点などを訪ねる企画を進行中である。

今後も世代継承の試みを続けながら、世代を超えて、共通言語を創りながら、活発な交流活動を展開できたらと考えている。

なお、主な内容は下記のとおりです。

故・川向英武先生に捧ぐ 平井明
特集1 若者世代の部落問題・差別問題認識
 特集にあたって 編集部
 座談会 若者世代の部落問題・差別問題認識
  若者世代:向山夏奈さん(現代書館)、粟国志保さん(編集者)、
   川口弘志さん(部落解放同盟東京都連青年部)、
   佐藤雄哉さん(東京学芸大学大学院生)、
   齋藤希帆さん(中央大学生)
  先行世代:鈴木英生さん(毎日新聞社)、
   村田浩司さん(解放出版社)、近藤登志一さん(東京都連)、
   鳥山洋さん(東日本部落解放研究所)
  司会:吉田勉(東日本部落解放研究所)
特集2 浅草フィールドワーク
 特集にあたって 編集部
 事前学習①江戸・東京の部落史 吉田勉
 事前学習②台東の部落問題と差別と闘う社会づくり 近藤登志一
 ガイド・浅草フィールドワーク 写真:円谷英夫、文:吉田勉
 感想 フィールドワークに参加して
編集後記

サイトメニュー

記事を検索

スペース区切りで複数キーワードからAND検索できます。

刊行雑誌収録の論文については、執筆者名・タイトルなどから検索できます。

〒1110024 東京都台東区今戸2丁目8-5 Tel. 03-5603-1863 Fax. 03-5603-1862© 2010-2021 東日本部落解放研究所