東日本部落解放研究所

『明日を拓く』第132号を刊行 [ 2022-04-01 ]

カテゴリ:報告情報

サイトメニューの【出版物】【明日を拓く】に目次が掲載されていますので、ご覧ください。

なお、主な内容は下記のとおりです。

特集 二〇二一年度 定例研究会の記録から
 特集にあたって 編集部
 特集1ラムザイヤー論文の問題点を検証する
   二〇二一年度第一回定例研究会の記録
  ラムザイヤー問題とは―その経過・問題点・今後の課題―/吉田勉
  ラムザイヤー論文への反論・部落史の立場から/鳥山洋
  ラムザイヤー論文への反論・社会学と同和教育の立場から
   日本の部落問題研究・政策へのインパクト/阿久澤麻理子
  ラムザイヤー論文への反論・英語圏の研究者の立場から
   /クリストファー・ボンディ
  ラムザイヤー論文への反論・英語圏の研究者の立場から
   /トム・ギル
  日本公娼制/植民地公娼制研究から/金富子
  コメント
 特集2埼玉県での人権意識調査から見えてくること
   二〇二一年度第二回定例研究会の記録
  教員人権意識調査から明らかになったこと
   ―空白の一五年の実態から何を学び、これからに生かすか―
   /石川亨助
  二〇一九年人権意識調査の結果と課題/小野寺一規
連載 ヒューマンライツ再入門(3)差別されない権利を求めて
 ―全国部落調査復刻出版差止訴訟第一審判決/前田朗
編集後記


サイトメニュー

記事を検索

スペース区切りで複数キーワードからAND検索できます。

刊行雑誌収録の論文については、執筆者名・タイトルなどから検索できます。

〒1110024 東京都台東区今戸2丁目8-5 Tel. 03-5603-1863 Fax. 03-5603-1862© 2010-2022 東日本部落解放研究所